ビジネススキル

誰でも簡単にできるリーダーシップを身に付ける方法

こんにちはにくやさいです┌(┌^o^)┐

今日は「リーダーシップ」についてお話させていただきます(n‘∀‘)η
自分はリーダーシップが足りないな~と思ったことある人、どのくらいいますでしょうか。

あるていど歳を重ねていけば、リーダーシップは身についているかもしれませんね。
仕事もそうですが、日々の生活においても「リーダーシップ」を問われることが多いです。

例えば、子供の頃はスポーツをしたり、校外学習など。
好きな人をデートに誘うのもそうですし、家族旅行なんかでもリーダーシップは問われます。

僕もリーダーシップを取るのは苦手な方だったので、結構苦労しましたよ。

ただ、やりかた次第で克服できちゃいます。

今回は誰でも簡単にできる「リーダーシップ」を最短で大きくする為に必要なことを書いていきます!

 

リーダーシップとは

リーダーシップとは一人では実現したい何かを実現したいと思い、他社に働きかけ、協力を仰ぎ、その実力を目指す力のことです。

必要な能力や資質は幾つかありますが、今回は2つに絞ってお話させていただきます。

1、決断力とスピード感

2、人前で話す能力

この2点に焦点をあてていきます。

 

ポイント

決断力とスピード感

小さな決断というのは実は日常に溢れてます。

例えば家族から「食事どこにいく?」とか、同僚から「飲みにいかない?」とか軽い誘いなんかも自分で決断しないといけないですよね。

僕は優柔不断だったので、結構答えを出すのに時間がかかっていましたが、どんな質問が来ても即回答を出すという訓練をしていました。

ただ、最初の頃は、早く答えを出すということに囚われすぎて、間違った決断をしてしまったこともありました。その時はもちろん反省し、次回は改善するようにしていました。

これを何度も繰り返すと自然とすぐ決断できるようになります。

筋トレと一緒で、すぐに効果があるとは言えませんが、繰り返し練習すると自然と判断力とスピード感が早くなるのを感じれますよ。

一人の時でも、もしこういう質問が来たらどう答えるか、を家でやってみるのもいいですね。

ポイント

人前でうまく話す

これが苦手な人多いんじゃないでしょうか。リーダーの立場になるとどうしても人前で話す機会が増えてきますよね。

僕も元々人見知りなので、最初は言葉につまったり、「あ〜」「え〜」と言ってしまうことがめちゃくちゃ多かったですね笑

実はこれもトレーニングで克服することが出来ます。

人前でプレゼンする時は、あらかじめ内容は決まっていると思うので、一度リハーサルしたものを、ビデオに撮ってみてください。

最初はあまりの下手さに笑ってしまいました。

そのビデオをみて、まず修正点を1つに絞ることを意識してみてください。僕は上記のように「あ〜」の回数がめちゃくちゃ多かったので、意識して無くすよう練習してました。

また、その動画を周りに見せて、フィードバックしてもらいましょう。恥ずかしいですけどね。

これを繰り返せば、プレゼン慣れして、人前で堂々と話すことが出来るようになりますよ。

とっさに話さないといけないことがあっても、ある程度応用が効くのでアドリブでもスラスラと喋れるようになりますよ。

 

ちなみにプレゼンの参考になりそうなYouTubeチャンネルを貼っておきますので、興味のある方はみてください。勉強になりますよ。

中田敦彦のYouTubeチャンネル
もうだいぶ有名になってるので知ってる人も多いかもしれませんね。
もちろんこの動画もぶっつけでプレゼンしてるのではなく、人に聞いてもらったりなど毎回練習しているそうですよ。

TED
世界中の著名人によるさまざまな講演会を開催・配信しています。
appleのスティーブジョブズやMicrosoftのビルゲイツなども公演しています。
もちろん日本人の公演もあるので、ぜひ見てください。そして自分がこの立場だったらどんな公演をするか想像しましょう。

 

最後に僕の参考なった書籍も貼っておきますので、是非参考にしてください(n‘∀‘)η
それでは!

-ビジネススキル

Copyright© にくやさいの興味あることだけ書く! , 2020 All Rights Reserved.