英会話

国からお金をもらう方法3選

こんにちは(*‘∀‘)
本日は普段生活していると見落としがちな「行政のお金」ついて書いていきます。

実は消費増税に合わせて変更・新設された制度があるんですが、意外と知られていないもの多いんです。

少し行動するだけで数万~数十万得をしますので是非読んでいってください。

それではさっそくいきましょう!

1、セルフメディケーション制度

意外と見落としがちなのがこちら、セルフメディケーション制度です。

こちらの制度、年間で購入した市販の対象医薬品の1万2000円を超えた分が所得控除対象になる制度なんです。

風邪薬や抗アレルギー薬、水虫薬、湿布などほとんどのジャンルで対象品があるので、選んで買うだけで税負担が変ります。

例えば毎月一箱アレルギーの薬「アレグラFX28錠(約2000円)」を買っているなら、1万2000円ほどが控除対象になります。

控除対象の上限は8万8000円まで可能なので是非使っていきましょう(*'▽')

2、住宅ローン減税

続いて住宅ローン減税。

これは10年間にわたってローン残高の1%を所得税から控除できるという制度で、最大で年間40万円、10年で400万円分の控除になります。

さらに、主に低所得者向けに拡充されたのが「すまい給付金」です。年収755万円以下の人が対象となり、最大50万円の給付金がもらえます!

その他にも、親からもらったお金で住宅を購入した場合、「住宅取得等資金贈与の非課税」申請すれば最大3110万円まで贈与税が0円になりますよ。

3、プレミアム商品券

最後に昨年10月から開始となったプレミアム商品券

もらえる人には条件がありますが、お子さんが2人いる世帯であれば4万円分の券で5万円の買い物ができ、1万円お得になります、

地元にある電気屋さんや、ショッピングモールなどで使えるので使わない手はないですよ!

有効期限は2020年3月31日までなので、まだもらっていない方はすぐ役所へ行きましょう笑

まとめ

1、セルフメディケーション制度
2、住宅ローン減税(すまい給付金)
3、プレミアム商品券

もし今は対象ではないという人も、知っておいて絶対損はないです!
自ら情報を仕入れて、有効に国からお金がもらえるよう行動していきましょう(*‘∀‘)

 

-英会話
-,

Copyright© にくやさいの興味あることだけ書く! , 2020 All Rights Reserved.